自伝第五話「高松時代」

~この時期は、房子、雅子、貴子にとって一番思い出深い時代ではないでしょうか。

房子は転勤族組なのに、地元のボスの方々から推されて、高松市立太田中学校PTA副会長として大活躍、雅子、貴子は中学校、高等学校でのたくさんの思い出があると思います。私は、課長職(途中で市乳課長に転じました)として社内(特に高松工場)や得意先との課題が山積し、その多様な対応に腐心しました。

しかし、あの時代は交際費にも余裕があり、色々と飲む機会が多かったように思います。帰りが午前様になり、房子を泣かせた事もありました。ゴルフも公私ともに盛んで、随分出けましたが、私には向かなかったようで、上達しませんでした。

一方、家庭菜園は成功し、西瓜収穫期は、自宅の階段の脇に上段からズラリと並べた事を思い出します。また、房子の卒業式の祝辞や、雅子の壷井栄賞挑戦時の添削、バックアップ等、楽しい思い出が蘇ります。雅子は房子と共に小豆島での壷井栄賞授賞式に臨みましたね。
翁のひとりごと|ふと思うこの世の疑問

昭和63年3月10日付で〇〇商事(〇〇乳業系列の食品卸問屋)に取締役として出向が発令されました。前年4月に私は、社内の格付が所属長(支店長、工場長等)就任資格者になっていたので、出向の場合は、取締役となったのです。50歳になった時で、若い出向役員として期待されました。

当時、役職定年といわれる55歳~57歳で関連会社へ出向するケースがほとんどでした。従って、出向先の本音として、あまり歓迎されていませんでした。~

以上で、第五話終了していますが、この第五話は、昨年9月27日と30日のブログ「長女の壷井栄賞入選作品発見」10月9日の「野菜作りの思い出」とも連動しております。

長女(雅子)は平成29年10月21日、関西玉翠会総会(ザ・リッツカールトン大阪での高松高等学校卒業生総会:302名出席)のメイン司会を務めた事を思い出しました。
翁のひとりごと|ふと思うこの世の疑問

自伝第四話「大阪時代」

~昭和46年10月、大阪総括支店乳食品販売部勤務となり、販売企画課に配属となりました。ここでも、労働組合の支部委員長に推され、就任しました。

当時、春闘と呼ばれる3月から4月は、厳しい労使交渉が展開され、ストライキが頻発しました。生産、工場支部に急進的思想の組合員が増え、ストライキが労使交渉の手段というよりも、労働者自身の自覚を促すためにも必要だ、と論ずる本部役員が増える有様でした。営業部門(支店)支部の組合員は、ストライキ先行ではなく、もっと会社側と話し合うべきとの “話し合い路線” を求める声が高まっていましたが、中央本部に役員として乗り込む勇気のある人はほとんどいませんでした。

大阪支店支部から、私が出馬すべきとの空気が強く感ぜられ、中央執行委員に立候補する事を決意しました。中央執行委員は、本部役員として、大変重い役目です。身分は休職扱いとなり、賃金は労働組合の賃金(組合員の積立金)から支払われます。賢い人は、昇進にも支障となるので、自分では引き受けません。房子の同意(大抵の奥さんは大反対しますが)を得て、私は立候補したのです。

組合の全国大会で圧倒的な信任(代議員103名中、98名の信任だった様に記憶しております)を受け、就任しました。昭和48年10月の第一次オイルショックの時でした。

西日本(近畿、中四国、九州)地区担当の代表となり(中央執行委員3名と書記1名が大阪に在住)、工場(福山、松山、徳島、久留米、佐世保)の合理化(閉鎖)の取り組みや、春闘期前後の支部オルグ等で4~5日間、家を空ける事は普通でした。

あの頃の労働組合の世界は魔界でした。リーダーとして毅然とした姿勢が求められた様に思います。色々なドラマがあり、これだけで別冊が出来ますので、今回は省きます。

3年の任期を無事終えて、昭和51年10月、職場復帰しました。3年後の昭和54年12月、サラリーマンの一つの目標である、管理職に登用され、高松支店冷凍食品課長として、赴任しました。40歳でした。雅子や貴子は学期(小学校)の途中で転校となり、年末、慌ただしく高松へ行きました。~

以上で第四話終了してますが、昨年8月13日のブログ「半世紀前の労働組合の想い出」にリンクする部分です。昭和54年の年末に一家4人転居したのですが、私が単身赴任する事は全く考えられない時代でした。

【翁のひとりごと】|ふと思うこの世の疑問

自伝第三話「広島時代」

~東瀬棚を午後、工場の皆さん(含家族)に見送られ出発、「青函連絡船」で一泊、「急行日本海」で青森から(車中泊し)大阪を経由して、広島に午後二時に着きました。2泊3日の旅で、寝台車も使わず、普通座席でした。若かったのです。最終の東京勤務時は、全てグリーン車となり、今昔の感に耐えません。

広島支店では、販売企画課に所属し、仕事をこなしました。支店の仕事は、すぐに慣れましたが、北海道で生まれ育った人間にとっては、広島の暑さは耐え難いものでした。又、言葉や生活文化の違いに大いに戸惑ったものです。

当時は、労働組合運動が盛んで、〇〇乳業労組も7千名の組合員を擁する、食品労連(上部団体)の中核組織でした。間もなく、私は広島支店支部委員長となりました。全国大会が、被爆地という事で、広島で開催される事となり、東京支店支部長と私が、議長を務めました。25歳の頃だったと思います。

一労組の全国大会でも規模は大きく、全国から150名位の代表者や関係者が集まりました。2~3日の会期だったと思いますが、広島の飲み処に大勢を案内したものです。

さて、広島時代の最大の出来事は、房子との出合い、結婚、そして雅子と貴子の誕生です。

下宿も何度か替り、観音本町に住んだ時、隣の安好(やすよし)さんからの紹介で、宮島の大店(オオダナ)正木屋(お土産店)の長女、正木房子さんとお見合いをする事となりました。正木屋は、祖父が厳島神社の氏子総代を務めた事もある、旧家でした。

お見合いは、昭和40年12月中旬でした。今考えても全く不思議なのですが、トントンと話が進み、翌、昭和41年1月29日、結婚式となりました。正木屋の商売上の理由(閑散期)もあるとはいえ、信じられない進行でした。これは、人智を越えた大きな力が働いたものと、今でも信じて疑いません。

本自伝の「網走(マサイチ)と宮島(フサコ)の物語」が始まったのです。~

以上で、第三話を終了していますが、当時、会社が確保する独身者の下宿は、2名の同宿が大原則で、4ヶ所変わり、今は故人となった3人の同僚とそれぞれ暮らしました。当時、プライベートといった概念はほとんどありませんでした。

【翁のひとりごと|ふと思うこの世の疑問】

自伝第二話「社会人としてのスタート」

本日(3月27日)は第二話「社会人としてのスタート」です。

~資料は残っていませんが、大学卒50名、高校卒50名、計100名位の新入社員でした。大卒者は全国から幅広く採用され、北海道大学をはじめ、早稲田、慶応、東北大学等で、高卒者は北海道全域の高校から選抜されておりました。いづれも、生産系、事務系、獣医系(大卒)に別れての採用でした。

4月1日から21日までの新入社員訓練が終了し、憧れの社章と辞令(赴任地通知)が渡されました。その辞令には、伊達工場勤務とありました。バター、チーズを造る工場で、事務課に配属されましたが、8月には早くも東瀬棚工場に配転となりました。東瀬棚工場の事務課主任が栄転するので、優秀な新人が必要だったと、後で聞きました。

当時は、会社が拡大期で、全国各地に工場や支店等が開設され、人材の調達は、現地採用が多かったのですが、本社採用の人材は注目され、悪い気がしなかったものです。

2年目には、工場(練乳製造)の原価計算の作成を命じられ、これが出来るようになりました。20歳の時です。これが出来ると、工場の事務屋としては、一人前と評価されました。工場の近くにある食料品店に下宿し、乏しい小遣いで、よく田舎町の飲み屋に通いました。初任給は7千円位でした。

昭和34年6月、工場閉鎖(合理化)を見込んだ営業部門強化の為の人事移動(全社的に)が発令され、私は広島支店勤務を命じられました。当時、広島と聞き、あまりの遠さに海外赴任するような気持ちでした。~

以上で、第二話終了していますが、当時、一般家庭には電話がほとんどありませんでした。職場の電話に慣れるまで大変でした。又、ボーナスの一部が、バターで現物支給されたりしました。いづれも今では信じられない話です。

※4月からは、日曜日毎の掲載とさせて頂きます。4月7日の日曜日からとなります。日曜日にゆっくり御覧頂きだければ幸いです。

【翁のひとりごと|ふと思うこの世の疑問】

自伝第一話「旅立ち」

昨年9月21日のブログ「自伝づくり始末」で平成27年春、喜寿(77歳)を迎えた記念に「自伝」を完成(第一話から第九話)した旨、お知らせし、9月24日第八話、今年に入って2月10日、2月15日に第六話を掲載しました。残る第一話から第九話まで順次、掲載させていただきます。本日(3月22日)は第一話「旅立ち」です。

~私が生まれたのは、昭和12年12月ですが、戸籍上は昭和13年1月3日です。寅年でなく、丑年となります。

日本が本格的に戦争に突入する日中戦争が始まった年でした。誕生地は、網走からかなり離れた原生花園で有名な、浜小清水(ハマコシミズ)から更に数キロ内陸に入った、浦士別(ウラシベツ)という所で、間もなく網走市内に転居したのです。住所は網走市北八条東一丁目で、二丁目は無く、そこは海岸(砂浜)でした。

太平洋戦争前後が育ち盛りで、終戦の時は、小学校二年生でした。物資は極端に欠乏し、今では想像もつかない時代でした。加えて、あの頃は、低温期だった様で、冬は大雪で家が埋まり、外に出る事も出来ない日がありました。朝、掛布団の上べりに息が霜になって、真っ白に付着していました。零下、何十度の日は当たり前だったのです。

あの当時は、まともな防寒具はありませんでした。今から思うと、よく暮らせたものだと思います。

家族構成は、私が長男で、下に女子3人、男子3人の計7人の子供と両親、祖母でしたが、男子2人は幼くして肺炎で亡くなりました。未だペニシリンが普及する以前でした。

あの頃、子供達は、広場や海岸で世代毎に仲間が集まり、遊ぶのに夢中でした。怪我をする子供も多かったのですが、親もあまり気にせず、トラブルは少なかった様に思います。日本国中が貧乏で、粗末な狭い住宅に住んで、食糧も不足していましたが、我が家も含め、多くの人々は明るく、堂々としていました。

父は、水産加工場の責任者で、母も共に、朝早くから長時間働いておりました。魚の運搬は馬車でした。

私は祖母や母の言動や姿を見て、子供心に女性は凄いものだと感じ、 “女性を大切にするべき” と擦り込まれたように思います。

高等学校へ進学する人は40%位で、残る60%は中学校卒業して就職するのが普通でした。高校に入ると家計を助ける為、新聞配達をしましたが、冬の朝の仕事は辛いものでした。3年生になると、中学生2人、高校1年生の家庭教師をやりました。今ではちょっと信じられない話です。

昭和31年3月、北海道立網走向陽高等学校第六回卒業生は200名で、学業成績優秀者(2名)の一人に私が選ばれました。もう一人の〇〇君は、北海道大学工学部に進みました。私は、この他、網走新聞社長賞(1名)を受賞しました。高校3年の文化祭での英語劇 “ジャンバルジャン” で、私がジャンバルジャン、〇〇君が神父役でした。

さて、私は〇〇乳業の本社採用試験(テスト、面接)に合格し、昭和31年3月30日、網走を夜汽車で出立し、翌朝、北海道の首都、札幌に降り立ちました。当時、北海道拓殖銀行、〇〇乳業は憧れの企業でした。18歳春の事です。~

以上で、第一話終了してますが、当時は子供が4~5人の家族が普通でした。網走には二つの高等学校があり、私の学校の卒業生だけで200名も居たのです。

【2019年3月16日(土)娘二人と共に、網走市北八条東一丁目辺りとオホーツク海を訪れました。】

小惑星ベンヌのお話

火星と木星との軌道間にあって、太陽をめぐる多数の小天体は、小惑星と呼ばれております。この中で、ベンヌと呼ばれる直径500m位の小惑星が、二つの理由で今、大変注目されております。

第一の理由は、本体が主に炭素系の物質で出来ており、これを採取し、分析すると、地球生命の起源が解明される可能性が極めて高いと、アメリカの科学者が伝えております。炭素は、有機化合物の源ですから、地球の生命体は、こうした小惑星が運んで来た事が立証されるというのです。2016年9月にアメリカは回収船を打上げ、2018年以降に帰還する模様です。

注目される第二の理由は、不気味です。地球に衝突する可能性が高いというのです。小惑星が、地球に衝突する確率は、100万分の1以内との事ですが、ベンヌは、実に1,000分の1以内との事で、1,000倍も高いことになります。6年毎の周期で地球に接近しております。

現在、アメリカで精力的に観測と研究が為されておりますが、人工的に軌道を修正する研究もされているかもしれません。

これはSF映画の話ではありません。万一、衝突した場合は、場所によっては、中・小国家の2~3個が消滅し、地球は壊滅的打撃を受けるとの事です。人類(人間)の結束と英知が試される事になるかもしれません。

こんな事は起こってはなりませんが、地球の長い歴史には、何度も実例が確認されております。国家間の利害で争っているどころではなくなる事は確かです。

【ふと思うこのよの疑問】|翁のひとりごと

妻の四十九日の集い ~ 有馬温泉にて ~

平成31年1月19日、有馬温泉で、ファミリー会を開催しました。妻の四十九日の行事として実行したのです。私は喪主として、次のように挨拶しました。

お母さんとの旅の最後半は、この有馬温泉でした。

雅子(長女)が、お母さんの遺影を持って来てくれました。どんな盛大な法要よりも、お母さんは喜んでいると思います。

今日は、お母さんを偲んで、賑やかに一夜を過ごしましょう。今日は、雅子(長女)と、夏己(今春中学3年生)、晄己(今春小学1年生)の孫2人、貴子(次女)と、夫の公也さんに加え、多忙の中、姪の由香里さんにも参加頂きました。更に、雅子と貴子の大親友である〇〇さんも、出席していただきました。〇〇さんはファミリーではありませんが、亡きお母さんを含め、親族以上のお付き合いをしていただいております。本日の参加に感謝致します。

さて、私は独り暮らしとなりました。今後もファミリー会と称して、自宅を中心に食事会を続けたいと思います。会費は不要です。本日、出席の皆さん、万障繰り合わせてご参加下さい。」

尚、剛さん(雅子の夫)は仕事の都合でやむなく欠席となりました。

それでは皆さん、お母さんを偲んで乾杯!!!

有馬の湯は最高です。妻の笑い声が聞こえたような気がしました。
【翁のひとりごと】|ふと思うこの世の疑問

文語体の標本「瀧口入道」再登場

9月12日のブログ「文章がとても軽くなった」でご紹介した、文語体の標本「瀧口入道」朗読してみていただけたでしょうか。

平清盛の盛宴で、武骨者の六波羅武士、斉藤龍口時頼が、「横笛」という名の、舞の名手にひとめぼれし、悩む下りでした。当然、この前段があります。本人が、横笛の名を知るくだりです。私の最も好きなこの物語の導入部です。

~此夜、三條大路を左に、御所の裏手の御溝端(みかはばた)を辿り行く骨格逞(たくま)しき一個の武士あり。月を負ひて其の顏は定かならねども、立烏帽子に綾長(そばたか)の布衣(ほい)を着け、蛭卷(ひるまき)の太刀の柄太(つかふと)きを横たへたる夜目にも爽やかなる出立ちは、何れ六波羅わたりの内人(うちびと)と知られたり。

御溝を挾んで今を盛りたる櫻の色の見て欲しげなるに目もかけず、物思はしげに小手叉(こまぬき)て、少しくうなだれたる頭の重げに見ゆるは、太息(といき)吐く爲にやあらん。扨ても春の夜の月花に換へて何の哀れぞ。

西八條の御宴より歸り途なる侍の一群二群(ひとむれふたむれ)、舞の評など樂げに誰憚からず罵り合ひて、果は高笑ひして打ち興ずるを、件の侍は折々耳そばだて、時に冷やかに打笑(うちえ)む樣、仔細ありげなり。

中宮の御所をはや過ぎて、垣越しの松影月を漏らさで墨の如く暗き邊(ほとり)に至りて、ふと首を擧げて暫しあたりを眺めしが、にわかに心付きし如く早足に元來し道に戻りける。西八條より還御せられたる中宮の御輿(おんこし)、今しも宮門を入りしを見、いと本意なげに跡見送りて門前にただずみける。おくれ馳せの老女いぶかしげに己れがようすを打ちみまもり居るに心付き、急ぎ立去らんとせしが、何思ひけん、つとふりむきて、件の老女を呼止めぬ。

何の御用と問はれて、ややためらひしが、『今宵の御宴の終(はて)に春鶯囀を舞はれし、女子は、何れ中宮の御内ならんと見受けしが、名は何と言はるるや』。老女は男の容姿を暫し眺め居たりしが微笑みながら、『扨も笑止の事も有るものかな、西八條を出づる時、色清(いろきよ)げなる人の妾を捉へて同じ事を問はれしが、あれは横笛とて近き頃御室(おむろ)の郷(さと)より曹司(そうし)に見えし者なれば、知る人なきも理(ことわり)にこそ、御身(おんみ)は名を聞いて何にし給ふ』。

男はハツと顏赤らめて、『勝れて舞の上手なれば』。答ふる言葉聞きも了らで、老女はホヽと意味ありげなる笑みを殘して門内に走り入りぬ。

『横笛、横笛』、件の武士は幾度か獨語(ひとりごち)ながら、徐(おもむろ)に元來し方に歸り行きぬ。霞の底に響く法性寺の鐘の聲、初更を告ぐる頃にやあらん。御溝のあなたに長く曳ける我影に駭(おどろ)きて、傾く月を見返る男、眉太く鼻隆(たか)く、一見凜々しき勇士の相貌、月に笑めるか、花に咲(わら)ふか、あはれ瞼(まぶた)のあたりに一掬の微笑を帶びぬ~

現役を退いてからは、機会はありませんが、現在でもほぼ語る事ができます。効果音をバックに朗読が夢です。但し、興味のない人には、早く終わって欲しいと思われそうですが。

【翁のひとりごと|ふと思うこの世の疑問】

犬と共存する人間社会

私は犬と暮らした経験がありません。人間同士のコミュニケーションを優先したためかもしれません。

しかし、先日ある新聞投稿コーナーで、大阪市の中学生が「犬と共存する社会いつまでも」と題して、 “犬は人間にとって、とても大きな存在であることを忘れず、この先も人と犬が共存する社会を作りたいと思います” と述べています。

その理由の一つとして、縄文時代の犬の化石を科学的に分析したところ、歯やあごの骨の状態から、イノシシなどの獲物にかみついて、足止めし、それを人間が仕留めたと考えられる事を挙げております。更に、「犬が年老いたら、処分されるのではなく、人間と同じように葬られており、なぜか、とても嬉しい気持ちになりました」、と書いております。

ご承知のように、現在犬はペットや、警察犬、麻薬探知犬、災害救助犬、盲導犬、介助犬等として、人間社会に絶大な貢献をしております。犬が “この世” にいなければ、人間社会は全く様相を異にしていたかもしれません。

犬の嗅覚はヒトの100万倍(誤記ではありません)といわれています。犬は、臭いを感じる嗅上皮(しゅうじょうひ)という粘膜層が、ヒトは3㎠なのに,150㎠もあるのです。

また、複数の臭いをかぎ分ける能力ももっています。犬は、全世界で400種いるそうです。人間は犬には、ただただ、最敬礼すべきなのです。犬は、ヒトの心のレベル(ランク)まで鋭敏に感知する能力を備えているのでは、と推理したくなります。

西郷さんが、犬をなぜ友としていたのかは、実は深い意味がありそうです。刮目(かつもく)すべき解釈をする人が出現して欲しいです。

【ふと思うこの世の疑問】|翁のひとりごと

妻からのレターに対する私の返書

私は、妻からのレターに対し、以下のように返書しました。

34回目の結婚記念日を房子と共に、元気で迎えることができ、房子に感謝の気持ちで一杯です。房子と私のそれぞれの先祖霊に、しっかり守護して頂いていることを実感する、今日この頃です。

34年前お見合いしてから、1か月足らずで結婚式を挙げましたが、安好(やすよし)さんという、不思議な人の導きであったとつくづく思います。

お見合いで、房子に会った時、どこか懐かしい感じがしましたのは、前世で何かのかたちで身近な存在だったのではないかと、最近、思うようになりました。

永いサラリーマン人生を卆え、昨年7月から、全く新しい生活が始まりましたが、最初の2~3ヶ月は、なかなか気持ちの切り替えができず、房子にも迷惑をかけたのではと思います。今年の年賀状に「家内と娘は外勤、私は内勤、ウィークデーの家事一切を受持ち、楽しくやっております」と書いて出せる心境となりました。

振り返れば、遠い昔、北海道網走を出て、宮島で房子と出会い、雅子や貴子に恵まれ、今日に至りましたが、房子の類い希れなパワーに導かれたと、つくづく思います。

これからの人生は、60代から、70代、80代と続きますが、この10年は体が充分動ける一番楽しい時期にしたいと思います。一日一日を大切にして、二人で人生を謳歌しましょう。

最後に、私は唄うのが一番好きなので、迷惑をかけると思いますが、片目を瞑って、時には泳がして下さい。

平成12年1月29日
第34回結婚記念日に当たり、愛する妻、房子への感謝状
正一