なっちゅネエネの思い

◆ 家族とわたし

【カテゴリー】家族とわたし | 氣愛塾

【なっちゅネエネの思い】

※12月7日(金)にFacebookに投稿した内容です。
※長文ですが、お時間あるときにご覧ください。Facebookが心の整理に大変役立っています。感謝です。

12月3日(月)に母が天国に旅立ってから、お通夜、葬儀告別式を終え、お骨上げの後、実家にて初七日を済ませてから、12月6日(木)の夜に家族で奈良に戻ってきました。

沢山の方々から、愛あるメッセージを頂きました。
お通夜や告別式に足を運んで頂いた方もいらっしゃいました。
本当に、本当にありがとうございました。

母は、とっても綺麗な顔で、幸せな氣持ちのまま天国に旅立ったことが感じられ、心からの感謝の氣持ちで一杯になりました。
今も、波が押し寄せるようにまだまだ涙が止まりませんが、家族でゆっくりと心を整えていきたいと思います。

昨晩遅く、奈良に帰宅した後、「おやすみなさい」と2階に上がった、我が家のなっちゅネエネ(長女中2)から、暫くしてLINEのメッセージが届きました。そこには、なっちゅネエネの思いが長文で書かれていて、私は、また大号泣してしまいました。
中学校2年生が経験した、『初めての人の死』。長文なのですが、思いが溢れているので、お時間あるときに是非お読み頂きたいです。

文章に出てくる、『タカタカ』は私の妹、『公くん』は、妹の旦那様の事です。原文そのまま掲載させて頂きます。あっ、なっちゅネエネも了承済みです。

**************************************
寝る前に気持ちがあふれてどこかに書かないとおさまらなかったから書きました。時間があったらみてほしいです。

今日思ったこと

人が亡くなることについて身近に感じた。
人が亡くなるとやっぱり悲しいし、何度も何度も思い出すと泣いてしまう。

生まれてからずっと見守ってくれて、たまに怖いなとかなんでそんなん言われなあかんのとかちっちゃい時は思ってたけど、今思うと読書感想文で賞をとれたのもおばあちゃんのおかげやし、おばあちゃんの応援の大きさを改めて感じた。 だからお通夜のときは思い出して泣いてしまった。 厳しくてちょっと怖かったけど、優しくてなんでも、いいよって言ってくれて、遊んでくれて、遊びにいったらいつもよく来たねぇって言ってくれて、そんなおばあちゃんが大好きやった。 お葬式のときもお通夜のときもおばあちゃんにずっと感謝してた。

おじいちゃん
すごく寂しそうだった。 おじいちゃんが泣いてる姿を初めて見た。 いつも元気なおじいちゃんと違って弱々しく見えた。 それでも私のことを褒めてくれるおじいちゃんはやっぱりすごいし大好き。
もっとあいにいくようにするから、元気でいてほしい。

母ちゃん
お母さんってずっと呼びかけていて、ほんまに大好きやったんやなって思った。 全然実感がわかないのは私も同じやし、寂しいし悲しいのに笑顔で送っている母ちゃんはさすがやなと思った。
母ちゃんには、近くで見守ってくれてるから大丈夫やでとかかっこつけて言ったけど、大泣きしてる私はかっこ悪いと思う。 かっこ悪いとか言いながらまだ泣いてるけど(笑)
母ちゃんと一緒に徐々に現実を受け入れて行けたらいいと思った。

タカタカ
なんでかわからへんけど月曜日にタカタカの声を聞いたとき、涙が止まらなくなった。 安心したからやと思う。 月曜日はほんまに現実が受け入れられなくて、泣こうにも泣けなかったけど、タカタカの声を聞いて、安心して、涙が出た。 そのあとも抱いてくれたり肩貸してくれたりすごく落ち着いた。 タカタカのおかげでずっと暗い気持ちじゃなかったんやと思う。

みっちゅん
帰りに泣かせるのは反則すぎる(笑)まだ6歳には理解しにくいよね。 お骨上げの時に実感が湧いたのかな。 私でも理解しがたいのに、みっちゅんは状況判断能力とかが優れていると思う。 見習わないといけないね。 でももうちょっとじっとしててほしかったかな(笑)

父ちゃん
父ちゃんが泣いてるのも初めて見た。 なんか、かっこよくてもらい泣きしそうになった。 帰りの車はみんなで泣いてたけど、あたたかい空気があったね。 おばあちゃんがいてくれたのかな。

公くん
すごくテキパキ動いていて、色んなところを見てるなと思った。 お見送りしたりとか、荷物とりにいったりとか。 行動力のはやさがすごかった。

とりあえず、みんなおばあちゃんが大好きなんやなって思った。 もちろん私も大好き。 だからこそみんな涙があふれたんだと思う。 お骨上げはすこし怖かったけど、花の色がついたおばあちゃんの骨はすごく綺麗だったし立派だった。 こんな立派で素敵なおばあちゃんがいて本当によかったと思った。 天国でおばあちゃんの好きな人とか大切な人にあっていてほしい。 そして、これからの私や、家族を見守っていてほしい。 ほんまに心から感謝の気持ちでいっぱいやし、好きの気持ちもいっぱい。 寂しいし悲しいしまだ涙があふれちゃうけど、明日から頑張るから、応援しててね。

***************************************

なっちゅネエネ、一緒に乗り越えようね💛

【カテゴリー】家族とわたし | 氣愛塾