ハピネスキャリアプロジェクトとは?

\10日間連続Facebookライブ(1日目)/の振り返り

【カテゴリー】ちょっと聞いてよ | 氣愛塾 ちょっと聞いてよ

1日目:7月2日(木)13時LIVE配信

私は、世の中を “キラビト” で一杯にするために、心が喜び氣愛がみなぎる意識改革広場 “ハピキャリ広場” をつくりたいと考えています。その為に、今回、オンライン講座構築を100名の専門家と学び、7月10日(金)から7月12日(日)までの3日間開催される、オンラインフェスに参加することになりました。

私が所属する『team LOVE』は7月12(日)に6名の専門家が順番に、それぞれの分野で80分の講座を行います。

とっても素敵な仲間と出会えた必然に感謝し、当日までに氣持ちを盛り上げるためにも、『\10日間連続Facebookライブ/』に挑戦することとし、7月2日(木)からスタートしました。

テーマ:「天職」と「適職」を知るための自己分析!ま~ちゃん先生が自分を語ります

自分自身の「天職」と「適職」を知るためには、自己分析が欠かせません。私も今まで何度も自己分析を重ねてきました。そして、沢山活字にしてアウトプットもしました。その中の一つに、過去の様々な印象的な出来事や思い出にタイトルをつけて纏めるというのがあります。

今回は、その自己分析結果を使って、ゲーム感覚で自分を語ってみたいと思い、このテーマを設定しました。でも、一人では寂しいです。自己分析も一人では思うように進みません。

そこで、7月12日(日)のオンラインフェスに登場する『team LOVE』の素敵な先生方に、日替わりでゲストとしてご参加頂き、一緒に語ってみることにしました。

1日目は、婦人科専門漢方家の、はるちゃんこと新歩一治子さんをお招きして、色々お話をしました。

ちょっと聞いてよ|氣愛塾

私の自己分析結果からは、0歳~12歳まで(小学校まで)に経験した、印象的な出来事に着目しました。

私が自己分析をして印象的な出来事に付けていたタイトルは、次の6つです。

  1. 冒険だ~!
  2. 舞台慣れ~!!
  3. 文才あらわる
  4. 憧れを抱き演じる!
  5. 様々な友達を知る
  6. 周りの評価が自信に!

この中から、はるちゃんにリクエスト頂いた『舞台慣れ~!!』について語りました。

幼い頃から、教育熱心な母に多くのチャンスを与えてもらい、舞台に立つ経験が多かった事。その時の私は、どちらかと言うと、自分から積極的に舞台に立つ機会を選んだのではなく、強制的な部分が多かった事。

具体的には、エレクトーンのコンクール参加、クラスの代表委員立候補、生徒会役員立候補、創作作文コンクールでの発表などなど・・・

その当時の私は、母から「まこちゃんならできる!」という強制的な応援(笑)に逆らえず、やるしかありませんでした。でも、やると出来るし、結果を残せたんです。そして、回を重ねるごとに「人前に立つこと」への自信の種が増えたのだと振返る事ができ、今は、母への感謝の氣持ちで一杯です。

その頃の舞台慣れにより得た「人前に立つことが得意」というスキルが、私の「天職」と「適職」どちらにも存分に活かせています。

はるちゃんのお母様も、大変厳しかったとの事で、「子どもの自信の種が増える環境を提供する」事の大切さと感謝を共有することができました。

終わった後、はるちゃんから

「ま~ちゃんの一日目を担当させてもらえて楽しかった!!ま~ちゃんと話してると、自分の根本を知ることが出来ます。まーちゃんの振り返りを聞きながら、自分に照らし合わせたら、、、あーーー!って言う氣付きがあった~。過去の自分を振り返るって大事だし、そこがスタートなんだね~(*≧з≦)」

という嬉しいメッセージを頂きました。

自分の「できること、得意なこと、すきなこと」を知ることで、「天職」と「適職」についての理解も深まります。どのように深めていくのかは、講座の中でお伝えしますね。

まずは、『\10日間連続Facebookライブ/(1日目)』の振り返りでした。

はるちゃん、そして、視聴頂いた皆様、ありがとうございました~!

動画のアーカイブ、宜しければこちらからどうぞ~!!

ご質問やお問い合わせなどは、以下のフォームからどうぞ。

*は、必須項目です。

◆ お問い合わせ内容*
ハピネスキャリアプロジェクトについて研修について講演についてその他、ご質問やお問い合わせ

◆ お名前*

◆ メールアドレス*

◆ ご連絡先*

◆ ご質問やお問い合わせの内容を、ご記入ください。

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。確認できましたら「確認しました」にチェックを入れて、「送信する」ボタンをクリックしてください。

 確認しました

タイトルとURLをコピーしました